日本航空123便墜落事故

今日はおもしろそうなTVがなかったので、ちょっと調べ物をしてみた。
この事故は、人類が忘れてはいけない事故だと思われる。
1985年8月12日の出来事・・・
日本最大の航空機事故で乗客524名のうち生存者は4名のみという悲惨な結果である。
事故原因は機体後部の圧力隔壁のリベット穴からの金属疲労による亀裂。
ボーイング747型機の致命的な設計ミスかと思われたが、
JAL123便は7年前にしりもち事故を起こしていた。

 

そのためボーイング社が修理を行った。この修理が適切でなかったため今回の事故が起きたと考えられる。
事故直前に飛び立ったJAL123便を偶然とらえた映像があった。
 

これがおそらく飛んでいるJAL123便の最後の映像であろう。
 

これはJAL123便のコックピット内のシュミレーション映像である。フライトレコーダーにより再現が可能になったのかな。
 

これはJAL123便との更新記録である。日本語での通信が許可されるという緊急事態。
 

そして事故後のTVのニュース。
この事故の教訓を忘れないようにJAL安全啓発センターが作られました。
一般の見学も可能なので是非行ってみたい。しかし、平日のみ・・・ん~いつか行きたい。前日までに予約すれば可能らしい。
ちなみに、航空事故で死亡事故に遭遇する確率はアメリカ国内の航空会社だけを対象とした調査では0.000034%らしい。
アメリカ国内において自動車に乗って死亡事故に遭遇する確率は 0.03%らしい。
つまり自動車死亡事故の33分の1以下の確率ということになる。
これは8200年間毎日無作為に選んだ航空機に乗って一度事故に遭うか遭わないかという確率らしい。
これが「航空機は最も安全な交通手段」という説の根拠となっているらしい。
しかし確率の問題だけで、事故に遭う可能性は誰も否定できないと思う。
ポカミスというヒューマンエラーがそこにある限り・・・
ボーイング社が行っている航空事故の継続調査では、航空事故の原因の55%は操縦ミスという現実・・・

7 Comments

いがファン教授

たしか生存者が命を救ってくれた看護師に憧れて看護師になったとか話があったような
あと事故の教訓を忘れないようにと保存していた残骸を捨てようとした話が最近あったような
この事故のあと航空機の構造を変えたという話とか
なんだっけな?昔NHKかテレ朝で何かで特集してました

返信する
ゲンパルス

8200年間毎日ってそんな金ない。
ヒューマンエラーって怖いね。
しかし人がいないと何もできんしね~

返信する
けいた

その事故の生存者の名前をとっておばあちゃんに慶太という名前をつけてもらいました。

返信する
緒方サイクル

>>いがファン教授
20年以上たってもすべての資料が公開されない・・・
ケネディ暗殺と以上の謎・・・
>>ゲンパルス
人間は間違ったことに気づくが、コンピューターは間違えないが、間違ったこととは認識できない。
人間は絶対に必要なんだね~
>>けいた
生存者は全員女性と聞きましたが?w

返信する
よしてる

俺の知らんうちにこげなんかいとったん!?
俺は訓練でこの事故のことよく聞かされたし啓発センターにも行ったばい!
遺書とか置いてあってマジやばいよあそこ!!

返信する
緒方サイクル

>>よしてる
ちょまぢでいきたいw
ラーメン屋ついでに一緒に行こうw

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です