フタエモンが東京にキター2日目(後編)

20090801
前編の続き
フタエモンを興奮させるべく国立科学博物館へw

P1010724 P1010725

まずは地下三階にいってケルビンさんやモルさんにお会いしますかw

P1010732 P1010733

1mの長さが光が真空中を299792458分の1秒間進む長さになったり
1秒という時間がセシウム133原子の放出するマイクロ波の周期になったり
しても1kgという重さだけは今でも、合金製の円柱(分銅的な)は現役なのは、なかなかおもしろい話だ
地球自体の重力加速度が変っても1kgは1kgかぁw
2009/3/17~9/6まで月の石が展示されていたw

P1010736 P1010737

ニールアームストロングやねぇw
That’s one small step
for a man, one giant leap for mankind

「一人の人間にとっては小さな一歩だが、
人類にとっては大きな飛躍である」

すばらしい言葉である。

P1010739 P1010740

ドラフターは機械遺産やねぇ~ この橋今度見てみるかw

P1010750 P1010751

が映りましたw

P1010760 P1010770

ロケット発射台があったw

P1010762 P1010766

なかなかの現場合わせw
やっぱ技術はいいねぇ

6 Comments

緒方サイクル

>>CARGO
なかなかなついこというやんけ
ぴーぶいいこーるえぬあーるてぃー

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です