日産エンジンミュージアム後編

2010.03.13

まぁ前回の続きw

P1030113 P1030114

ぱっとみかなり精工に作られた小さい模型がおいてあったw

実際に動かしたら相当な回転数回りそうw トルク無くて進まんかw

P1030116 P1030118

奥には、歴代のレーシングエンジンと市販車エンジンが展示されとった

P1030119 P1030120

実際に間近で見ると、各所に限界の設計というか金がかかってそうですごいw

P1030134 P1030133

R32のエンジンはやたらとバフ仕上げされた部品で目立たされていたw

P1030137 P1030138

2階には、エンジンの各工程の順に並んでいたw

自動車関係は作る技術もそうだが、量産で安定した精度で安価に作る技術の方がすごいような気がする。

ある程度いけば数が増えれば安くなるが、車の原価は驚くほど安いからなぁw

といっても初代プリウスは赤字でも生産し続けただろうなw

P1030146

出るときには、記念品としてスカイラインのミニカーもらったw

ミニカーを何十年ぶりに触ったかわからんw

でもGT-Rのほうがみんな喜びそうじゃね?w

3 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です